美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” ― 早稲田を中心に活動、学生も社会人も歓迎

Arts&Books 美術鑑賞と読書会のサークル ― 早稲田を中心に活動、学生も社会人も歓迎

Arts&Books 活動記録

Home > 観覧会 > 「巨匠たちの日本美術」&「コロー」観覧会

「巨匠たちの日本美術」&「コロー」観覧会

2008年8月9日

8月の観覧会は、8月9日(土)に実施し、上野へ、
1.「対決―巨匠たちの日本美術」展(東京国立博物館)と、
2.「コロー―光と追憶の変奏曲」展(国立西洋美術館)を見にいきましょう。

【集合】 1.からは10:45に、昼食からは13:15に、2.からは14:45に、JR上野駅公園口改札前
【流れ】 1.を観覧 → 昼食 → 2.を観覧 → 歓談・美術研(希望者) or 解散
【費用】 チケット学生1,200円・1,100円/一般1,500円・1,500円、昼食?1,000円前後

1.は、日本美術史を彩る巨匠24人の傑作を、2人1組で比較・対決させながら展示。
運慶・快慶、雪舟・雪村、永徳・等伯、光悦・長次郎、宗達・光琳、仁清・乾山、
円空・木喰、大雅・蕪村、若冲・蕭白、応挙・芦雪、歌麿・写楽、鉄斎・大観。

2.は、印象派の先駆的な位置にあり、詩情あふれる風景画や人物画を描いたコローを、
《コローのモナリザ》など、ルーヴル美術館所蔵の代表作群を中心に大回顧。
コローに影響を受けた、ルノワール、モネ、シスレー、ブラックなども。

参加希望のかたは、どこから参加予定かを書き添えて、info@artsbooks.jpまで。
新入生・二年生以上・他大生・院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。
初参加なら、1.からか昼食から参加がオススメ。

なお、観覧会の後には、希望者で美術研究会第1期第1回(西洋近代絵画史・印象派以前)を実施。
今回のコロー、次回か次々回のフェルメールも扱います。テキスト未読の見学も歓迎です。

以下、展覧会の概要(公式サイトより)。まずは巨匠たちの日本美術。

日本美術の歴史に燦然と輝く傑作の数々は、時代を代表する絵師や仏師、陶工らが師匠や先達の作品に学び、時にはライバルとして競い合う中で生み出されてきました。直接の影響関係がない場合でも、優れた芸術家たちの作品を比較すると、興味深い対照の妙を見出すことができます。きらめく才能の拮抗により、各時代の造形芸術はより豊潤に、華麗に開花してきたといえるでしょう。本展では、このような作家同士の関係性に着目し、中世から近代までの巨匠たちを2人ずつ組み合わせ、「対決」させる形で紹介します。国宝10余件、重要文化財約40件を含む計100余件の名品が一堂に会し、巨匠2人の作品の「対決」を、実際に見て比較できるのが本展の最大の魅力です。

つぎにコロー展。

19世紀フランスの画家カミーユ・コロー(1796?1875)が生み出した数々の詩情あふれる風景画や人物画は、これまで世界中の芸術家や美術愛好家たちを魅了してきました。しかし意外なことに、その名声と人気にもかかわらず、コローを中心にすえた本格的な展覧会は我が国はもちろん、海外においてもごく稀にしか開催されていません。本展は、ルーヴル美術館所蔵のコローの代表作群を中心に、初期のロマン主義的風景からイタリア留学をへて真摯なレアリスムの時代、独特の煙るような詩的表現で、しだいに思い出や夢のようなヴィジョンを語りだす後期の画面、そして折々に手がけられた繊細な人物画の数々を集大成し、コロー芸術の魅力と秘密を再検証するものです。さらに国際的にも初の試みとして、印象派からキュビストまで、コローの芸術に深い影響を受けた画家たちの作品をあわせて展示いたします。

カテゴリー:観覧会

Comments:0

コメント投稿フォーム
情報を記憶させる

Trackbacks:0

この記事へのトラックバックURL
http://artsbooks.jp/events/archives/86/trackback
以下のリストはこの記事を参照しています
「巨匠たちの日本美術」&「コロー」観覧会 from Arts&Books 美術鑑賞と読書会のサークル ― 早稲田を中心に活動、学生も社会人も歓迎
Feed
クリア
ページの先頭へ戻る

美術鑑賞と読書会のサークル Arts&Books